ハミングしながら ♪
by Humming
旧古河庭園のバラ
地下鉄南北線「西ヶ原駅」で下車徒歩7分のところに、「旧古河庭園」はありました。
洋館は、鹿鳴館や旧岩崎邸を設計したコンドルの最後の作品、ということもあって、特に楽しみにしてきました。

重厚な石造りのエントランスには、古河家の家紋が…。
e0181075_14325811.jpg

一歩入ると、マントルピースと当時からのシャンデリアがある広いロビー。
そのロビーの周りにぐるりと、各部屋に入るドアが並んでいます。
ガラス張りのサンルームがついたビリヤードルーム、応接間、バラ園を望むダイニング。
こんな調度に囲まれ、バラを正面に見ながらの朝食、優雅すぎます…。
特に、メインダイニングは、端と端の席では会話ができないほど広く、そのため音響効果を考えて腰板を高くするなど配慮されているとか。時折、この部屋でコンサートが催されるというのも納得です。

階段を上がって二階にあがると、そこも広いロビーに、ぐるりのドア。
そのドアの中に、もう一枚引き戸があり、その奥は純和風…というより正式な和室がしつらえてあるなんて想像もできません。
和室には書と同様に「真・行・草」の格があるそうで、お客様用の和室の作りは最高級ランクの「真」、家族の居室は「行」や「草」と作り分けられていました。外観は完璧に洋風の建物の中に、「格」を意識した和室があるなんて、驚きです。
さらに、主寝室の隣に6畳ほどの小さな部屋が隣接していて、壁や天井は洋風なのに床が「畳」…。
日常は和服で過ごした当時、着替え場はやっぱり畳で…、と、あとで床に畳を入れたとか。
そして、特注のタイルに大理石のこじんまりした風呂桶…。
贅を尽くしながら、でもやっぱり日本人だなぁ…と妙に親近感を覚えた空間でした。

洋館は、外から見ると重厚な煉瓦造り、その少し赤みがかった外壁(雨にあたると若干赤みが増すそう…)にバラの花がよく似合います。
e0181075_15101117.jpg

雨上がりのバラの庭園、アイボリーのバラがまるでブーケのようでした。
e0181075_14545796.jpg


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
[PR]
Top▲ | by petitcu | 2011-05-31 15:20 | trip | Comments(4)
Commented by アメーバ at 2011-05-31 23:48 x
PetitCu さま
いろいろと、ありがとうございました。
洋館ツアーは、ほんとうに素晴らしかったですね。

やっぱり、素敵な薔薇の数々。
なんとも幻想的で、凛とした洋館によく映えていますね~
特に白い薔薇の花束のプレゼントは、最高ですね♪
有意義な一日を過ごさせていただましたので、もう次はどこに?
と期待していま~す
Commented by Petitcu at 2011-06-01 05:44
アメーバさん

Petitcuこと、いちごです(^^;)
一日で三度楽しんだ気がしますね。
それに、お天気も雨、曇り、晴れ、どれも楽しめちゃって。
最高!

次はどこにしましょうか。
というか、いつにしましょうか…ですね(^_^)
またよろしく!
Commented by Dai at 2011-06-02 05:43 x
おはようございます~
先日はお世話様になりまして ありがとうございました。

洋館のコヒータイム、いつか実行したいですね。
やはり花より団子でしょうか~(-_-;)

みなさんとご一緒すると 同じ花を撮るのでもみなそれぞれ、
本当にいい勉強になります。
なかなかそれが身になりませんが 楽しむのが一番
本当に楽しかったですね~

次は…男性幹事さんにお願いしても ?? (#^.^#)
Commented by petitcu at 2011-06-02 10:50
Daiさん
バラの数はちょっと残念でしたが、ひとつひとつは綺麗に咲き誇って今いたね。手入れがいいのでしょうね。
私はバラで時間切れになってしまいましたが、雨でひっそりした日本庭園もよいでしょうね。
今は、緑がきれいな時期ですし。
いつでも行ける…と思うと、なかなかですが、また行きたいところですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 旧古川庭園 | ページトップ | Excelで抽出したデータを集計する >>


カテゴリ
全体
Nature/Flower
trip
Dog
Diary
PC & iOS
Mobile
Camera
最新の記事
以前の記事
タグ
その他のジャンル