ハミングしながら ♪
by Humming
あじさいの里
めずらしく思い立って、「ひとり遠足」に行くことにしました。

このところ、あまり歩いていないし…、多少起伏があるところがいいのだけど、まずは平たんなところから…というので、近場に紫陽花を見に行くことに。

紫陽花は、私が6月生まれということもあり、私にとってちょっと思い入れがあるお花なのです。
また、以前住んでいた家には、庭に見事な紫陽花があって、毎年頭より大きな青い花が咲いたものでした。
その数本を折って、母のディサービスに持って行ってもらったことがありました。
ディの方がとっても喜んでくださったと、日ごろはクールな母がにこにこ顔で帰ってきた思い出があります。
あの時の母の顔は今でも目に浮かびます。

紫陽花には、お寺さんがよく似合います。
鎌倉にも、千葉にも「あじさい寺」と呼ばれるお寺さんがたくさんあって…。
そうそう、何年か前、松本シニアネットの皆さんのお誘いで塩尻のあじさい寺にご案内いただき、手打ちそばをごちそうになったこともありましたっけ。
アルプスを背景にあたり一面の紫陽花…これも、とてもすてきでした。

さて、今日の紫陽花は、田んぼの畔に咲く紫陽花です。
山と田んぼの組み合わせだけで大好きなのに、それに紫陽花が加わったらどうなるのかしら…。

e0181075_20233080.jpg
お茶畑の畔に咲く紫陽花


e0181075_20271317.jpg

田んぼの向こうの畔の紫陽花が咲きそろったらと想像したら…

e0181075_20271497.jpg


「したしみ通り」と名付けられたストリートには、「アナベル」だけが植えられていました。
わずか数十メートルの短いものですが、これらが一斉に真っ白になったら、どんなに見事でしょう。
e0181075_20384920.jpg

e0181075_2039465.jpg


まだ、見ごろを迎えていないだけに人影もまばらな代わりに、まだ紫陽花の花は少なかったのですが、静かに咲いている紫陽花を堪能してきました。


  
[PR]
Top▲ | by PetitCu | 2012-06-07 20:50 | Nature/Flower
<< 名残の紫陽花 | ページトップ | 金環日食 >>