お祭り三連荘

8月といえば、夏祭りの季節…。

昔から、夏祭りの類には縁がなく、お祭りや人出の多い縁日の類もあまり好みではなく…。
せいぜい、子供たちの幼稚園の行事の花火大会に一家浴衣や甚兵衛で出かけた程度。
それが今年はなぜか、3日連続での暑気払い・お祭り!

1日目は、駒場での暑気払い。
毎年近くのビアレストランで英気を養うのだけれど、今年は誰言い出すとなく、ホームパーティ。
駒場にそろった、ごちそうと例によってのお喋りタイム。
涼しくて最高!!
e0181075_9284371.jpg


翌日は、「つきみ野納涼会」。
今年は、自治会の役員にあたっているので、お手伝いがお約束(^^;)
綿菓子やフランクフルト係りは人気なものの、警備やおみこし付き添いはやや不人気。
案の定、私は警備係。
おばさんが警備して何の役に立つの?という声も、自分自身の中から聞こえるものの…。
会場付近の賑やか音を聞きながら、警備。
e0181075_1721145.jpg


3日目は、本当の「お祭り」。at 千葉県の東庄町!
あいにく、途中でものすごいゲリラ豪雨にも見舞われたりしましたが、本格的な夏祭りを始めて経験することに…。
格式と伝統と、地域のつながりを強く感じるものでした。
観光ではなく、本当に地域に根差した歴史あるお祭り。
たぶん、どの若者も小さいころから毎年、大人たちが大切に守ってきた伝統を感じながら育ったのでしょうね。
白装束と、祭り装束の若者が、神社を出発して5軒の家を回り、夜遅くまた神社に戻るとか。
そこにも、何やらいろいろ決まり事がある様子…。
地域の人たちが、総出で当番の家を助け合う伝統。地域で支えあって生きている様子が伝わってきました。

e0181075_17383448.jpg

e0181075_1743436.jpg

[PR]
Commented by アメーバ at 2013-08-07 19:11 x
わぁ~美味しそうなホームビアパーティですね(^O^)
賑やかな笑い声が聞こえてくるようです~

えぇ!! 警備員さんになったんですかぁ?
アホな若者たちが暴れたりしなかったようで、よかったですね。

お祭りの衣装は、ほんとうにさまざまで、つきみ野は、白装束のズボンが長めなんですね。
警備なさっていても、お囃子に浮かれたのでは?
お祭りは、ほーーーんとに、心躍る伝統文化ですね。

お役のほう、お疲れ様でした<(_ _)>
Commented by いちご at 2013-08-08 19:39 x
アメーバさん

書き方が悪かった!肝心の情報が抜けてました。
3日目のお祭りは、千葉県の東庄町というところのお祭りです。
本物のお祭りです(^^;)
本文にも追加しました。

つきみ野のは、地域のイベントのようなものですね~。
すみません。

それにしても、お祭りって、なんでこう暑いときに多いの?
秋祭りがいいな(^_^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by PetitCu | 2013-08-04 17:40 | Diary | Comments(2)