ハミングしながら ♪
by Humming
NAS対応のハードディスク
駒場にネットワーク対応のハードディスクを導入した。

駒場のパソコンは、講師席を入れて20台ほど。
それぞれのパソコンにデータを保存するのではなく、外付けハードディスクに保存し、どのパソコンからも自分のデータを利用できるようにしたかったためだ。

一般的なハードディスクは、USBでパソコンと接続するが、ネットワーク対応のパソコンは、LANを使って接続することから、NAS対応(Network Attached Storage)といわれる。

このNAS対応のハードディスクは、教室のような環境だけではなく、家庭でも便利にりようできる。
今や有線・無線を使ってLANを構築している家庭が多く、そのLANを利用して、家じゅうで、お父さんのパソコン、リビングのパソコン、お兄さんのパソコン、リビングのテレビなどを直接つなぎ、映像や音楽、写真を、楽しむことができるようになるというわけ。

今やハードディスクもテラバイトがそれほど高くない価格で手に入る時代になったことから、NAS対応のハードディスクがこれからどんどん普及するかもしれない。

駒場では、このハードディスクにネットワークドライブを割り当てて、使用することにした。

これからも、少しずつ新しい技術を取り入れ、紹介していくつもりだ。
[PR]
Top▲ | by Petitcu | 2009-10-25 12:33 | PC & iOS
<< お留守番ばっかり | ページトップ | Windows7 >>