<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウランの嬉しい顔

e0181075_18544179.jpg
e0181075_19283432.jpg

[PR]
by PetitCu | 2011-09-28 09:40 | Mobile

軽井沢

軽井沢…と言われて思いつくキーワードは、テニスコート、ミニ東京、別荘地…。
そんな言葉が思い浮かびます。

我が家から軽井沢までは車で2時間半ほどでした。
高速道路をすいすいと、行ってきました。
途中のサービスエリア、今はこんなにおしゃれになっているのですね。
テラスのような空間でチョイスしたのは、横川駅で有名な、おぎのやの「峠の釜めし」。
さすがに1個を分け合って、お味見お味見…。
「峠の釜めし」は、横川~軽井沢間の鉄道が廃止されなくなってしまうのかと思いきや、今はサービスエリアや直営店で変わらぬ人気を誇っているようです。
e0181075_1540515.jpg
懐かしい「おぎのや」の釜めし+新しいプリンとシュークリーム



軽井沢で最初に立ち寄ったのは、雲場池
池の周りは20分ほどで散策できるとか、カルガモの素敵な住処のようでした。
ここは軽井沢の観光コースの定番だそうで、天皇陛下も必ず散歩されるとか。
回りに緑が多いせいか、池の色も濃く、軽井沢駅から歩いて10分ほどのところに、こんな池があるとは…。

e0181075_15402924.jpg

e0181075_15404821.jpg

池から雲場池駐車場まで車道を避けて歩くと、静かな別荘が並ぶ空間。
ずーっと昔からそこにあったのだろうな…という家が、ひとつひとつまばらに建っています。
駅近辺の喧騒が嘘のような、落ち着いた静かでゆったりとした空間でした。
e0181075_15411338.jpg

e0181075_15414032.jpg


今回の引率者のお昼のチョイスは、浅間山の麓、雑木林の中に週末だけオープンするというカフェ、「麦小舎(むぎこや)」。
古い民家を使用した小さなカフェは、雑木林を利用した庭のハンモックやテラス席で、ゆっくり本を読みながら過ごすことができるようになっています。
母屋の傍の納屋には、たくさんの本と紙雑貨が用意されていて、誰でも自由に手に取ることができます。
テラス席は、自然の中とあって蚊取り線香があちこちに…。
普段、自分の家だったら虫がいやで座って過ごすなんていうことはあり得ないのに、なぜかここではのんびりと食事をし、カメラをもって庭を散策し、全然気にならないのが不思議です。

お食事メニューは、ハンバーガーとスープセットのみ。今回チョイスしたのは麦小舎ハンバーガー。
それに、しぼりっぱなしリンゴジュースをチョイス。雰囲気のせいではなく、本当においしかった…。
ムギコヤプリンや気まぐれケーキ、また食べに行きたい…(^_^;)
e0181075_15422629.jpg

e0181075_15424015.jpg


さて…お腹もいっぱいになってすっかりのんびりした後は、少し体を動かさないと…。
ということで立ち寄ったのは浅間家畜育成牧場
浅間山の麓にある牧場で天丸山・白糸の滝への遊歩道を歩きながら、子牛の放牧を見ることができる、というので立ち寄ったのですが…。
放牧がみられるのは、夏から秋の朝と夕方だそうで、今回は残念ながらその姿を見ることはできませんでした。
けれど、歩くたびに足元から飛び出す沢山のバッタたち、ススキ、紅葉…。
すっかり山は秋の気配が濃くなっていました。
e0181075_2010745.jpg


おいしいものを堪能し、秋を満喫した後は…、やっぱりさっぱりしたい…という婿殿に従って、中軽井沢の北部「星野エリア」にある「トンボの湯」へ。
ここは、大正時代から「美肌の湯」として伝わった星野温泉にあり、このトンボの湯、ピッキオ、ハルニレテラスを総称して、星野エリアと言っているようです。

温泉満喫を待っている間、ハルニレテラスの名称は、テラスの横を流れる清流(湯川というらしい)に沿って自生している春楡の木から…。
モダンなウッドデッキでおしゃれな店舗がつながっています。
可愛い木製のおもちゃや雑貨のお店、インテリア雑貨店、北欧雑貨のお店、コーヒーと本のお店…、いかにもセレブな「軽井沢ライフ」といった空間でした。
多くの方がワンコを連れ。Mダックス、シーズー、トイプードル、ゴールデンは言うに及ばず、珍しいマスチフという超大型犬にも会うことができました。体重なんと80キロとか。超ミニミニのつむぎさんも珍しい犬種の中に入ります。いろんな人から声をかけられ、マスチフ君とも臆することなくご挨拶できていました。
このハルニレテラスで気づいたこと…それは、ワンコを足元に座らせて、のんびりを本を読んだりコーヒーを飲んで、ゆったりくつろいでいる人が多いこと。
こんなにゆっくりできるのなら、ウランも連れて来たかったな…と思った瞬間でした。
麦小舎もそうだし、このハルニレテラスもそうだし、軽井沢の人は、ゆったり時間を過ごすのが上手なようです。そして、どのお店でも、お客さんがゆっくり食事をし、のんびりすごすのを当たり前のように接しているようでした。

e0181075_15434726.jpg

その中の「川上庵」というお蕎麦屋さんで夕食にすることに決定。
「川上庵」は、雲場池から歩いているときにみつけたモダンなお蕎麦屋さんと同じお店で、なんと東京の青山や麻布にもあるらしい…。テラス席はペットも連れて入れるお蕎麦屋さんなんです。
ハルニレテラスの「せきれい橋 川上庵」も、美味で接客も丁寧で細かい気配りが印象的なお店でした。
青山のお店も、何か特別な日にまた行ってみましょうか。
[PR]
by petitcu | 2011-09-12 16:47 | trip | Comments(5)

等々力渓谷

等々力渓谷は、東京世田谷区の等々力駅から歩いて2~3分のところにあります。
娘の自宅からも近いので、とても身近な存在なのですが、なぜかあまり出かける機会がありませんでした。
どうやら、世田谷区管轄の公園のようです。

谷沢川という川沿いの遊歩道を進むと、稲荷堂・不動の滝に達します。
e0181075_19312563.jpg

この不動の滝の音が、渓谷に響くことから、このあたりの地名が「とどろき」となった…というお話ですが、なんとまあ、細くてきゃしゃな滝。
その昔は、堂々たる滝だったのでしょうか。
e0181075_19315348.jpg

その稲荷堂から階段を少し上がると、等々力不動尊。
なかなか立派なお不動さんでした。
e0181075_19321621.jpg

e0181075_19323919.jpg

稲荷堂のすぐそばに、等々力渓谷…との石碑があり、日本庭園になっています。
門をくぐると、優しい色合いの竹林が…。
e0181075_19332687.jpg


蒸し暑い中、その鮮やかな緑が目に染みた一日でした。
[PR]
by petitcu | 2011-09-07 18:31 | trip | Comments(6)

ざいもく家

e0181075_18544179.jpg

ぴんぼけクラブ第6回は、世田谷区の等々力渓谷。
そのお楽しみの団子会場は、
等々力駅そばの「中国料理ざいもく家。蔵の前の離れで、ゆっくりおしゃべり三昧のひと時でした。
e0181075_19311060.jpg

[PR]
by PetitCu | 2011-09-04 14:41 | Mobile