ハミングしながら ♪
by Humming
Eye-Fiが使えなくなって…

最近は、写真はもっぱらiPhone。
しばらくは、iPhoneのカメラばかり使っていてなんの不都合も感じなかったのだけど、インスタ映えを狙って…というのは嘘で、じつは家の中のごちゃごちゃしたものが映らないように、明るいレンズで撮りたくなった…というだけの、不純な動機で、またまたOlympus E-PL6を持ち出してきた…というわけです。

iPhoneに慣れてしまうと、写真の取り込みが面倒で、昔から使っていたEye-Fiで転送していたのですが、これが9月で使用できなくなり、iOS11にアップデートされてからはアプリも起動できなくなって、対応を迫られてしまったというわけです。

それで思い切って、新しいFlashAirというWi-Fi機能付きのSDカードを使うことにしました。
撮ったその場で、iPhoneに送れる…という便利さはやっぱり捨てがたいものです。

それで、E-PL6でFlashAirが使えるようにしました。
まず、カメラ側の準備は…
①まず、E-PL6のファームウェアを1.3以上にバージョンアップ。
②FlashAirをカメラに挿入して電源をオン。
 MENUボタン→再生メニュー → スマートフォン接続の順に選択。
③ネットワークSSIDの入力画面に移動するので好きなSSIDを設定。
④次に進むと、パスワード設定画面が出るので好きなパスワードを設定。
⑤最後にプライベート接続を選択すればカメラ側の設定は完了。

次に、iPhone側の準備
①FlashAir アプリか、OLYMPUSのアプリをインストール。
 私は、FlashAirアプリを入れました。
②iPhoneのWi-Fi検索画面から、FlashAirを選択して接続。
③iPhoneのアプリで、好きな画像を選びiPhoneに保存。

これでまた、便利なWi-Fi生活がおくれます。
e0181075_09514134.jpg


[PR]
Top▲ | # by PetitCu | 2017-10-03 09:54 | PC & iOS | Comments(0)
| ページトップ |