タグ:LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2 ( 6 ) タグの人気記事

金環日食

2012年5月21日午前7時34分01秒、我が家では金環日食の最大を迎えました。
これが今回の日食が観測できる地域です。
e0181075_13355587.png

東京はどんぴしゃ! 100年ぶりか200年ぶりという完璧な金環食。

今回は、日食グラスも用意していました。
実は、写真にも撮りたくて、日食用のフィルターを物色したのですが、2万弱もするようで…。
写真はあきらめて、「この目」でしっかりみることにしていました。
それに、iPadには「「金環食2012」というアプリもあって、刻々とカウントダウンしてくれたり、ARを使って現在地からみる日食をシュミレーションすることができるすぐれものです。
アプリのARで見ると、こんなふうに太陽が欠けていくのだな…というのがわかります。
瞬間的ではなく、5分くらいも金環が続くというのも驚きでした。
e0181075_13383749.jpg


あいにく当日は曇り空。
すっかりあきらめていたのですが、なんと雲の間から時折太陽を見ることができます。
幸い厚い雲がフィルターの役割をしてくれているようです。
すっかり見とれて、世紀の天体ショーが終わりを告げた頃…、ようやく我に返り、「もしかしたら、普通に写真に撮れるかもしれない…」と持ち出したカメラ。
こんな写真が、facebookにもたくさん載っていました。

e0181075_13434322.jpg
みんな考えることは一緒だったようです。
にわか天文ファンが生まれた、21日早朝。
せっかく購入した日食グラスは、6月初めの「金星が太陽を横切る」場面をみせてくれるかもしれません。
[PR]
by PetitCu | 2012-05-27 13:47 | Diary | Comments(0)

へくそかずら

ヘクソカズラ…雑草とはいえ、なんともかわいそうな名前がついたものです。名前の由来はその悪臭からだとか。でも、遠目には可愛いお花ですけどね。
e0181075_13304699.jpg

e0181075_13311890.jpg

さっきまでの雨が上がり、まるでネックレスのような滴…
e0181075_13324637.jpg

[PR]
by petitcu | 2011-08-22 13:37 | Nature/Flower | Comments(0)

旧古河庭園のバラ

地下鉄南北線「西ヶ原駅」で下車徒歩7分のところに、「旧古河庭園」はありました。
洋館は、鹿鳴館や旧岩崎邸を設計したコンドルの最後の作品、ということもあって、特に楽しみにしてきました。

重厚な石造りのエントランスには、古河家の家紋が…。
e0181075_14325811.jpg

一歩入ると、マントルピースと当時からのシャンデリアがある広いロビー。
そのロビーの周りにぐるりと、各部屋に入るドアが並んでいます。
ガラス張りのサンルームがついたビリヤードルーム、応接間、バラ園を望むダイニング。
こんな調度に囲まれ、バラを正面に見ながらの朝食、優雅すぎます…。
特に、メインダイニングは、端と端の席では会話ができないほど広く、そのため音響効果を考えて腰板を高くするなど配慮されているとか。時折、この部屋でコンサートが催されるというのも納得です。

階段を上がって二階にあがると、そこも広いロビーに、ぐるりのドア。
そのドアの中に、もう一枚引き戸があり、その奥は純和風…というより正式な和室がしつらえてあるなんて想像もできません。
和室には書と同様に「真・行・草」の格があるそうで、お客様用の和室の作りは最高級ランクの「真」、家族の居室は「行」や「草」と作り分けられていました。外観は完璧に洋風の建物の中に、「格」を意識した和室があるなんて、驚きです。
さらに、主寝室の隣に6畳ほどの小さな部屋が隣接していて、壁や天井は洋風なのに床が「畳」…。
日常は和服で過ごした当時、着替え場はやっぱり畳で…、と、あとで床に畳を入れたとか。
そして、特注のタイルに大理石のこじんまりした風呂桶…。
贅を尽くしながら、でもやっぱり日本人だなぁ…と妙に親近感を覚えた空間でした。

洋館は、外から見ると重厚な煉瓦造り、その少し赤みがかった外壁(雨にあたると若干赤みが増すそう…)にバラの花がよく似合います。
e0181075_15101117.jpg

雨上がりのバラの庭園、アイボリーのバラがまるでブーケのようでした。
e0181075_14545796.jpg


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
[PR]
by petitcu | 2011-05-31 15:20 | trip | Comments(4)

2011年の桜

2011年3月11日(金)、東日本大震災が起こりました。
地震の揺れはちっともこわくないタチなので、そのときは、こんな大惨事になるなんて思ってもみませんでしたが…。
12日…13日…と日が経つにつれて、日頃の準備不足も手伝って、やれお水…やれ電池…と探し回る有様。
いつも思うのですが、たかが数秒から数分揺れるだけのことなのに、ほかのどの災害よりも広範囲に、そして大きな被害が出る地震。
それに追い打ちをかけるように、福島原発の事故。
これ以上の悪い事態は、ありませんね…。

そんな中でも、春は近づき桜は咲き始めています。
今年はいつもの桜ではなく、娘の家の近くの九品仏というお寺さんの桜を少し見物…。
まだ咲き始めのためか人もまばらでしたが、見ていると少し気持ちがゆったりなるような気がしました。

e0181075_15295687.jpg


e0181075_1530215.jpg


e0181075_15311240.jpg

[PR]
by PetitCu | 2011-04-10 15:42 | Nature/Flower | Comments(0)

松輪の鯖

三浦半島の突端にある松輪漁港。知る人ぞ知る「鯖」の産地です。
「松輪の鯖」は、油がのって金色に輝くことから「黄金鯖」とも言われているそうです。

九州に育った私は、小さい頃から「鯖のお茶漬け」が食卓にのっていました。
身近にあった美味なるもを、今やわざわざ何時間もかけて食べに行くことになるとは…。
松輪の鯖は、「炙り」という形で現れました。

「松輪の鯖」の時期は、例年8月中頃から11月半ばくらいまでとか。
わざわざ出かけていくだけの価値ある、一品でした。

e0181075_2041264.jpg


e0181075_20121313.jpg


海岸には、名もない花も…
e0181075_20152291.jpg


e0181075_2043220.jpg


帰り、久里浜の「はなのくに」に立ち寄ることができました。
山の勾配を生かして、一面のコスモス…
最盛期はどんなに見事だったことでしょう。
ここは、咲き終わったコスモスの摘み取りイベントがあるとか。
両手にいっぱい抱えて、にこにこ顔の人々が目に浮かびます。
e0181075_2039666.jpg

[PR]
by PetitCu | 2010-10-27 20:46 | trip | Comments(6)

秋が近づいてきました

ちょっと講座には早い時間に着いてしまったので…、
昨日と同じように東大の中を通って教室へ。
まだ、秋の花には早いようでした。

さて…この白いお花はなんでしょうか。

e0181075_2051851.jpg



e0181075_9552332.jpg

フウセンカズラのようです。
[PR]
by PetitCu | 2010-09-15 20:52 | Nature/Flower | Comments(6)

ハミングしながら ♪


by Humming