タグ:TAMRON 90mm MACRO ( 6 ) タグの人気記事

ゴーヤになれる花

ゴーヤのお花には、ゴーヤになるお花とならないお花が生まれた時から運命が決まっているって…
知らなかった…
これがそのお花。
e0181075_2025757.jpg

[PR]
by PetitCu | 2010-07-20 20:03 | Nature/Flower | Comments(0)

ゴーヤの苗をいただきました

ゴーヤの苗をいただきました。
もらわてて数日…添え木にちっちゃな手でしっかりつかまり立ちしています。
どうやら毎日たっぷりとお水を飲むようです。

大きくなったら窓辺の日差しを涼しくさえぎってくれるかもしれません。
無事育ちますように…。

e0181075_13493745.jpg

[PR]
by PetitCu | 2010-06-26 13:44 | Nature/Flower | Comments(0)

レンゲショウマ

御岳山に夏レンゲショウマが群生している…と聞いたのは何年前だっただろう…。


e0181075_16491597.jpg


e0181075_16135673.jpg


e0181075_15354634.jpg


まだまだ、この花に挑戦するには早すぎたみたいです。
[PR]
by PetitCu | 2009-08-13 16:49 | Nature/Flower

往年のカメラ Olympus E-10

最近は、若い女性に一眼レフが普及しているそうだ。
私のまわりでも、シニア世代の女性が、オリンパスやキヤノンの軽量の一眼レフを持って、ブログ写真の取材にあちこち飛び回っている。
彼女たちの写真は、お花や植物が多いこともあって、背景に綺麗なボケを得られる一眼レフは必需品なのだ。

そういう私もご多分にもれず…、狭い我が家のごちゃごちゃした背景をすっきりぼかし我が家のワンちゃんを撮りたいと日々願っているのだし…。
そんな中、都会では珍しいカタクリの群生地があるというので、さっそく見に行くことにした。カタクリは、背の高さ15cmほど、下向きに咲く赤みがかった紫色の花をつける。
ちょうど桜の時期と重なるためひっそりと咲いている雰囲気がただよう。

そのカタクリを撮影に行くのに、NikonのD80ではかがみこむしかないかな…とおもっていたとき、2000年に購入したオリンパスのE-10を思い出した。すっかり引退していた機種だけど、当時は大活躍した。
このカメラ、一眼レフながらレンズ交換ができない。しかし、9mm~36mmというズームレンズを持っている。その上、なんと液晶パネルが跳ね上がり、ライブビューが可能なのだ。
今のライブビューとはもしかしたら機構が違うのかもしれないけれど、かがみこんでの撮影からは解放されそう…。

ということで、さっそく引っ張り出して使ってみることにした。
電池は、充電式ではなく、市販のリチウムバッテリーを使える。
(オリンパスCR-V3)
画素数は、400万画素。
e0181075_147429.jpg

液晶パネルでカタクリを見ると、紫色がすべて水色に見える。
やっぱり古いカメラは、ホワイトバランスが悪かったのかな…使っているときはそんなことは思わなかったけど…と思いながら、何枚か撮っただけでチョン。でも、実際の写真は、ちゃんと薄紫色に撮れていた。
なんだか、また現役に戻ってきそうな、いいカメラだ…と実感した。
e0181075_1493620.jpg
OLYMPUS E-10



e0181075_14112187.jpg
Nikon D60 TAMRON 90mm MACRO

こうやってみると、9年前のカメラしかも400万画素も現役で通用する気がする。起動や保存に時間がかかることを除けば…
[PR]
by PetitCu | 2009-04-14 14:12 | Camera

かたくり

桜の花が満開を迎えるちょうどその時期、ひっそりと静かに最盛期を迎えるのがカタクリの花。昔は文字通り、この植物から片栗粉をつくったそうですが、今はすっかり原料はジャガイモに変わってしまったとか。
東京都内にも、そのカタクリの隠れた群生地があります。

e0181075_14311100.jpg

[PR]
by PetitCu | 2009-04-08 14:04 | Nature/Flower

半蔵門の土手で

e0181075_1404566.jpg

[PR]
by PetitCu | 2009-04-05 13:59 | Nature/Flower

ハミングしながら ♪


by Humming