ハミングしながら ♪
by Humming
タグ:TAMRON AF28-300mm ( 18 ) タグの人気記事
Top▲ |
潮来あやめ祭り
e0181075_2143986.jpg

久しぶりにカメラを持ってでかけた。
水郷潮来の「あやめ祭り」。
新宿から「あやめ号」という臨時列車で、2時間の汽車旅。

先日梅雨入りも宣言されたにも関わらず、このところの好天続き。
少し雨が欲しい…なとど勝手なことを思いながら、駅を降り立つと…、そこには、びっくりするほどの人・人・人…。

この日は大安吉日で、全国からの応募の中から選ばれた花嫁が「嫁入り船」に乗る。
緊張しつつ、晴れやかな笑顔が印象的だった。
川べりを埋め尽くす人たちを川面から眺めながら、花嫁さんは何を思ったのかな。
e0181075_21513286.jpg

e0181075_2156028.jpg

e0181075_21561049.jpg


嫁入り船を見た後は、鈴なりの人でいっぱいだった橋の下あたりを、私たちも観光船で上流へ。
夏の日差しの中、川を渡る風は冷たくひんやりと心地よい…。
川べりには、もちろんあやめの花。
e0181075_21592945.jpg

e0181075_220162.jpg

川面を走る遊覧船を早咲きの紫陽花が見送っていた。
e0181075_21595480.jpg

Top▲ | by PetitCu | 2013-06-15 22:08 | trip
スーパームーン
facebookで話題になっていたスーパームーン、なんだろな…と思うばかりで調べもせず呑気にしていました。
今年は、5月5日が一番大きかったそうです。

なぜ今頃…、そう今朝4時過ぎにいったん目が覚めてふとベランダの外をみると、結構大きなそして黄色いお月様が目に入ったんです。即、カメラ!!
でもあたりはまだ夜が明けていなくて、手振れブレブレ。
そのあと、5月5日が最大だったとWebで検索して、がっかり…。
何でもすぐ、実行してみるべきでした。

そういえば、小さいころ、やけに大きなお月様を見た記憶があります。
あれがそうだったんですね。
e0181075_955202.jpg

Top▲ | by PetitCu | 2012-05-07 09:56 | Diary
丹沢が燃えてる?
e0181075_18273054.jpg

えっ、丹沢が火事?

太陽が沈んだ直後の夕焼けでした。
それにしても、山並みが二重になっているのはどういう現象なのでしょうね。
Top▲ | by PetitCu | 2012-01-25 18:29 | Diary
雪をかぶった丹沢の山々
e0181075_2031061.jpg

昨日の雪で、丹沢の山々がすっかり雪化粧。
その向こうの富士山は、もちろん雲の中ですが…。
Top▲ | by PetitCu | 2012-01-22 10:29 | Diary
お正月気分も抜けて…
今年も、早や6日になりました。
すっかり、お正月気分も抜けましたが、遅ればせながら新年おめでとうございます。

新しい年ということで「おめでとう!」というのは東洋人独特の感覚だとか、どこかに書いてあった気がします。
確かに…ただ時間の区切りなのですが、この日で生活をいったんリセットして新しい気持ちで暮らそう…という知恵なのでしょうね。

昨年末、娘と行った箱根で立派な富士山を見ることができました。
大涌谷からの富士山、久々に出会えました。
今年は、何かいいことが待っているのかも…。

e0181075_1055125.jpg

Top▲ | by PetitCu | 2012-01-06 10:06 | Diary
箱根美術館
11月18日(金)、しばらくご無沙汰していた箱根に行く機会を得ました。
主宰しているネットコミュニティのカメラ愛好者による「ぴんぼけクラブ」で、紅葉と苔のコラボで有名な「箱根美術館」へ行ってきました。
ただし、ぴんぼけクラブと言ってもみんな一眼レフを片手に、前ボケ…後ろボケ…とのたまう腕前です。

でも、このぴんぼけクラブの撮影会、実は「カメラへの興味はさほどはないけど…」という方が、たくさん参加してくださるのです。そこが私たちのコミュニティの嬉しいところ。
みんなで、小さな旅を楽しみ、景色を愛で、おいしいもので幸せな気分になる…、それが一番の目的なのです。

実は、我が家も箱根が割合近いということで、存命中の母と子供たちを連れて、よく遊びにいったものです。
桜の季節、水の季節、ススキの頃…、でも、紅葉の季節は敬遠していました。
箱根はこの時期、入るも出るも車は渋滞、ケーブルカーやロープウェイは長蛇の列、登山鉄道は超満員…と相場は決まっていると思い込んでいました。
でも…今回は、運よくタクシーを上手に利用することができ、ほとんどロスタイムはなく快適。

さすがに、箱根美術館には、開園と同時にたくさんの見物客が押し寄せ、順路は満員です。
でも、それでも一度は見ておきたいお庭ですね。
苔のみずみずしい緑と、紅葉の赤…、日本人にはいうに言われぬ感激があります。

「あそこを撮りたいけど人が絶えることはないわね…」などと言いながら、自分がその一人であることをすっかり忘れていて苦笑することが何度も(笑)

毎年、秋になるとやっぱり紅葉を見に出かけるのはなぜでしょうね。
いつも不思議に思うのですが…。

箱根美術館…紅葉
e0181075_1627386.jpg

e0181075_16152653.jpg

e0181075_16161251.jpg

e0181075_16163024.jpg

強羅公園の十月桜
e0181075_16223632.jpg

Top▲ | by PetitCu | 2011-11-21 16:26 | Nature/Flower
2011年車山・八島ヶ原湿原オフ
車山・八島ヶ原湿原オフ、雨の中を決行しました。
これが、こんかいチャーターしたバス、25人乗りに14名…贅沢です(^_^;)
e0181075_2055215.jpg

茅野では、雨は上がっていました。ちょっとだけ山でもこの調子の空模様が続くように願いましたが、やはり…。でも、10日前よりはずいぶんと明るい感じで、視界も良かった気がします。
e0181075_207215.jpg

この風景を見ながら、みんなで丸太のベンチでお昼。
これでも、想像したよりずーっと視界が広がっていて、ちょっと内心ほっとしながら…。

でも、神様は甘くなかった…。
おにぎり食べ終わった頃に、また雨。
急いで傘を出して、コロボックルヒュッテへ。

コロボックルヒュッテ横のニッコウキスゲの丘は、やっぱりほとんど咲き終わっていました。
そのかわり、秋の花々が顔を出してくれていたので、良しとしましょうか。

お約束の図鑑最終編。
e0181075_2073349.jpg

e0181075_2082155.jpg

八島ヶ原湿原についた頃は、本格的な雨…。というより土砂降りといった方がいいかも。

それでも、あきらめきれずちょっとだけ木道に…と出たところで、子供たちの一団と遭遇。
夏の林間学校でしょうか。長い長い列が
  「こんんちは!」「こんにちは!」
うーむ、この子たちがみんな行ってしまうまで、100回はこんにちはしないとな…。

というわけで、木道を右手に折れて少し退避…するつもりが、後ろから「一周しよう!」の声。せきたてられて、とうとう一周してしまいました。
途中、雨あり、霧あり、暑いくらいの陽射しあり、そのうえ再び雨と雷…、たった75分でほとんどの天候を経験してしまいました。こういうこともあるのですね…。

天気の合間に、トンボさん…何トンボでしょうか?
e0181075_2084629.jpg

途中の幻想的な風景、歩きながらパチリ。思ったより撮れていたので載せてみますね。
e0181075_209722.jpg

e0181075_2092122.jpg

この後、大雨と雷に見舞われ、大急ぎでビジターセンターへ。

この間、「歩かない派」は、ビジターセンターでビール!
でも、陽射しが出た時には、ちゃんと「小さい一周」で池の周りを一周したそうです。

おいしい牛乳で喉を潤し、若い可愛い職員の方とおしゃべりし、適当に人が少ない湿原を満喫してきました。

今年の夏の高原散歩も、これでおしまい。
茅野で、大きな虹が見えました。
かすかな色ですが、見えるでしょうか…。

e0181075_2094514.jpg

また来年! 来年はいいお天気になりますように…。
Top▲ | by PetitCu | 2011-08-05 20:01 | trip
雨上がり
予報通り、午後から雷と大粒の雨。
数時間たって、太陽の光が戻ってきました。

小さな庭の紫陽花にも、光が…。

e0181075_1803399.jpg


昼間のじっとりした蒸し暑さから解放されて、すっきりとさわやかな風が窓から吹き始めました。
青い空と、きれいになった空気…。
窓を開け放って、気持ち良い風を取り込んで…。
Top▲ | by petitcu | 2011-06-30 18:01 | Nature/Flower
ウォーキング
6月19日、Hi-Naとつむぎと一緒に昭和記念公園を歩いてきました。
今の時期、お花はほとんどありません。すこーし、見ごろを過ぎたポピーが「花の丘」を彩っていましたが…。

「川沿いの道」という名前にひかれて歩き始めた道は、さすがに風も涼しく快適。
猫ちゃんがのんびりとお昼寝の真っ最中でした。
犬が通ろうと、人間が語りかけようと、マイペースを崩さずに。
e0181075_1246594.jpg

トケイソウ…見たままの名前ですが、ハーブ名をパッションフラワーといって、精神安定、血圧降下に効き目があるとか…。
e0181075_1251788.jpg

これはアリウム・ギガンチウムという名前のよう。
e0181075_13492110.jpg


今回のルートは、西立川口から砂川口へ、園内で17000歩くらいでした。
e0181075_13401187.jpg

砂川口から最寄りの駅まで歩いて20分。これも結構な距離があり、iPhoneのMAPを見ながら…。
途中、ちょっと道を間違えてしまい…でも、そのおかげで玉川上水に遭遇。
e0181075_1455714.jpg

一日の歩数20000歩ちょっと。つむぎはもっと歩けそうに元気にしていましたが、夜はあっという間に爆睡。
やっぱり疲れたのかな?

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
Top▲ | by petitcu | 2011-06-20 13:50 | trip
あこがれの白馬へ
白馬旅行2日目、青鬼と鬼無里へ。
鬼…にはいろんな思いが込められている気がします。

青鬼の棚田…雪をいただくアルプスが田植え前の田んぼに映る風景。一度見てみたかった風景。
e0181075_9324622.jpg


e0181075_9353153.jpg


鬼無里の水芭蕉
e0181075_934199.jpg


e0181075_937083.jpg


e0181075_18321079.jpg


e0181075_958090.jpg



 
Top▲ | by PetitCu | 2010-06-14 09:59 | trip
| ページトップ |